POINT of NO RETURN <裏ごす庫>

アクセスカウンタ

zoom RSS 彼女が水着に着替えるまで

<<   作成日時 : 2008/02/03 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ごす流デジタルツールによる塗り絵の仕方です。
念のため断っておきますが、塗りに使うソフトのツールの使い方の説明ではありません

あくまで「基礎概念」だと思ってください。

実はソフトによってはもっと簡単に単純に作業できるものもあります。


さて、
サービス精神に則って、「」から始めます。 (笑

1.レイヤーの概念

画像


レイヤーとは大雑把に、この様に「絵を重ねていく」ことと考えてください。


2.下絵

画像


手書きの場合はスキャナ、デジカメなどを使ってソフトに取り込み『配置』します。
ごすの場合、これが「レイヤー1」となります。


3.主線のトレス

画像


下絵がラフデッサンの場合、主線となる部分を描きます。
このときに光源(光の方向)を意識して、「影」も描き込んでみます。

画像


これで、線画としては終了です。


 実際の塗りに入ります。
2次元の絵をあえて立体的に想像してください。
一番手前に見えるものが最後に塗る部分、一番奥に見える部分が最初に塗る部分です。

これを「レイヤー」ごとに分けて作業するのが、ごすスタイルです。

つまり、「後ろ髪」「身体」「スク水」「頭部」と、大雑把にですが「レイヤー」でパーツに分けます。

※作業として、主線を描くときにパーツごとレイヤーに分けるのが早いっちゃぁ早いです。


4.後ろ髪

画像


ここでFateの桜を想像してしまう君とは親友になれそうだ。



画像


5.身体

画像


画像


更に、「影」も着けちゃいましょう。

画像


6.スク水

画像


画像


そこの君!「水着イラネeeeee!!」とか言ってんじゃねぇ!!  (w


7.頭部

人物画は顔が命!ここは時間を掛けて丁寧にね。

画像


8.これで塗りは完成です。

画像










  ※オマケ

最後まで付き合ってくれた君にごすからのご褒美だ!





画像




















     ・・・・かかったなw

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
彼女が水着に着替えるまで POINT of NO RETURN <裏ごす庫>/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる